自分に自信がないのを克服するための行動と考え方

2019-01-23

自分に自信がない




自信がないことで、毎日生きるのがが苦しくなったり何かしようと思ってもやる気がでなかったりしませんか?
最初から自分に自信が持てる人はなかなかいないはずです。

今回は、自信がないのを克服するためにできる行動と考え方を紹介します。




なぜ自信がないのか?

自信がない原因

経験が少ない

自分に自信が持てるような成功体験が少なかったり、いろんなことの経験自体が少なかったりすると、自分に自信が持てなくなってしまいます。

得意分野と呼べるものがなかったり、人に話せるような体験が少ないと引っ込み思案の原因になるでしょう。

失敗した体験がトラウマとして残っている

過去に大きな過ちをしたり嫌な失敗した経験があり、それが何をするにしてもトラウマになって気持ちにブレーキが掛かってしまうパターンです。

特に子供のころにした経験は、大人になっても心に深く根付いてしまっていることが多いです。

拭い去るのは大変ですが、上手にその経験と向き合っていくしかないかもしれません。

自信をつけるために出来る行動

本を読んだり勉強して知識をつける

本を読む

スキルや資格を身につけることによって、自分に自信を持つことにつながります。

そしてそのために行動している、行動できている自分が自信になることもあります。

仕事のスキルやお金の知識などを勉強しはじめると良いとおもいます。

自信をつけるために体を変えるのも良いです。外観が思い通りの姿になれば、それは自信につながります。

筋トレ
筋トレもオススメします。動物的に強くなることは、潜在的に自信をつけるいい運動になるからです。ジムなどに通ってみるとよいかもしれません。




小さな成功を積み重ねていく

積み重ねる

経験の少なさをカバーするために、小さなこと少しずつ達成していき、自分にもやればできるということを体で覚えましょう。それが自信を持つことにつながります。

ポイントは、小さなことから始めるということです。いきなり難しいことから始めても、できないことがほとんどです。逆に自分で立てた目標ができなくて落ち込んでしまい、更に自信をなくす原因にもなりかねません。

小さな達成を積み重ねるのが習慣になる前はなるべく自分がそれほど努力しなくてもできることからです。ハードルはとにかく下げるべきです。

そして達成した時は自分をとにかくほめましょう。

体の健康を保つ

健康

体調が悪いと、気持ちが落ち込みやすくなります。

もし、体調が悪かったり体のどこかに不安を抱えているのであれば、それを改善することをオススメします。

急にネガティブになったり、自信がなくなってしまったのは、体の調子が悪くなっているサインかもしれません。

お金を稼いで社会貢献する

お金を稼ぐ

よく勘違いしている人がいるのですが、仕事をしてお金を稼いでいること自体、社会貢献になっているのです。

お金を稼ぐには、世の中に対して何か価値を提供しなければなりません。どんな小さなことでも、お金を稼ぐことは誰かの役に立っているのです。

1円でも稼いでるあなたはすごい人です。たとえその内容がどんなに失敗だらけでも自信を持っていいでしょう。

 




自信がないのを克服するための考え方

身の回りの人間や憧れの人は実は大したことないと思い込む

これが一番大事かもしれません。

あなたの身の回りの人たちは、あなたが思っているほどすごい人間でもないですし、失敗も良くします。

ただ、それを他人にあまり見せなかったり(隠すのが上手だったり)、失敗しないようにたくさん努力したのかもしれません。

自信がない(自己肯定感が低い)人は、周りの人を過大評価してしまう傾向があります。

人には得意なこともあれば苦手な事もあります。苦手な事は人は誰しも他人の前ではやろうとはしません。
経験の差だってあります。プロ野球選手でも一流の経営者でも人よりも多くの失敗をしてきました。

今あなたが悩んでいることや失敗したことは、誰しもが通ってきた道なので、気に病む必要は全くないでしょう。




完璧主義を辞める

完璧主義は決して悪いことではないのですが、完璧を目指して達成できないことで逆に自信がなくなってしまうことも多いです。

常に完璧であり続けることは現実的ではありあません。少しずつでも良いので妥協を覚えることです。

仕事などでも、理想とする完成度と実際に上司やクライアントから求められている完成度に差があったりします。
「それでも完璧を目指したい!」というのであれば、完成度の最低ラインで仕事を終えることを極めるために努力しても良いかもしれません。

自分の周りには必ず敵と味方の両方が存在することを知る

自分は正しいと思う事が、誰かから否定されたとしても気に病む必要はありません。

ニュース一つとっても、世の中にはそれを肯定的に考えるひともいれば、否定的に捉えてそれを批判します。

たとえあなたの周りに、あなたの意見や行動を悪く言う人が多いように思えても、逆にあなたのことを認め賛同してくれる人が必ずいるはずです。

周りの目は気にせず行動しましょう。そうすればあなたを認める人が多く現れ、自分に自信がつくでしょう。




まとめ

自信がつく

いかがでしたか?

自信がない状態から自信をつけるのは大変かもしれませんが、一度自信がついてしまえば世の中がとても生きやすくなります。

是非、自分に自信をつけて生き生きと過ごしていきましょう。