【雛】セキセイインコを手乗りにする方法には?【エサ】

セキセイインコを飼うなら、是非とも手乗りになって欲しいですよね。

しかし育て方や環境によってはなかなか人に慣れてくれず、手乗りのセキセイインコになってくれない場合があります。

セキセイインコにも個性があるので、絶対的な方法というのは存在しません。

ただ、しっかりと育てればある程度は手乗りになってくれるでしょう。

今回は手乗りセキセイインコになってもらうために出来る育て方を紹介していきます。




手乗りしてもらうには、人間に慣れてもらう必要がある

手乗りのセキセイインコ

飼っているセキセイインコが人間を怖がってしまったら絶対に手乗りはしてくれません。

人間を怖いものだと思っていると、手乗りどころか近寄るとおびえて逃げてしまいます。

放鳥させようとケージを開けても怖がって出てこないような関係だと、すぐに手乗りをしてくれることは難しいでしょう。

人間に、特に飼い主には慣れてもらう必要があります。

1番いいのは「雛」の状態から飼うこと

セキセイインコに手乗りをしてもらうには、できれば「雛」の状態から飼うことです。

幼い時から人の手で育てれば、かなりの確率で人に慣れます。

挿し餌で育て、時々プラケースやゲージから出してコミュニケーションをとりましょう。

そしてストレスにならない程度にスキンシップをとりましょう。

慣れてきたら手を差し出すだけで自分から乗ってくれます。

最終的には放鳥すれば真っ先に自分の肩に飛んできて可愛いですよ!

「雛」のセキセイインコを飼う前に、必ず刺し餌のやり方を聞いておこう

セキセイインコの餌

もしセキセイインコをペットショップなどのお店で買う場合は、店員さんにお世話のやり方を予め聞いておくと良いです。

・何時にエサをあげていたか
・室温は何度くらいを保っていたか
・どんなエサをあげればいいのか、などなど…

慣れている人からやり方を学んでおけば、飼い始めてから苦労することが減ります。

できれば1匹で飼うこと

セキセイインコはたくさんいるとお喋りしたり寄り添いあったりしてめちゃくちゃ可愛いんですが…

手乗りのセキセイインコにしたい場合は1匹で飼うことをおすすめします。

複数で飼うと、飼い主に懐きにくくなる傾向があります。

手乗りしてくれないことはないですが、確実に手乗りしてもらうならまずは一匹で飼うのが望ましいでしょう。




最初から手乗りしてくれるセキセイインコを選ぶのもあり!

ショップによっては、飼育員さんが生後1ヶ月間の間に人の手に慣れさせてくれている場合があります。

完全な雛の状態から飼うことはできなくなりますが、手乗りにすることに慣れているプロの方が飼育してくれるので確実です。

雛の状態のセキセイインコは、あまりに構い過ぎるとストレスで亡くなってしまう可能性もあります。

「大事に育てよう」「いっぱい愛してあげよう」という気持ちが逆にその子を苦しめてしまうこともあるのです。

初めてセキセイインコを飼う人や、適度なスキンシップを取れる自信のない方は、最初から人の手に慣れている状態の子を飼うのもありかもしれません。

成鳥した後に手乗りにしたいなら、ゆっくりと人の手に慣れてもらおう!

成鳥したセキセイインコ

成鳥した後のセキセイインコを手乗りにしたいなら、まずは飼い主に懐いてもらうのが一番です。

飼い主のことを安全だと思ってくれていれば、安心して手に乗ってくれます。

そのために毎日懐いてもらえるよう頑張りましょう。

雛から育てるよりも時間はかかるかもしれませんが、必ず手乗りになってくれるはずですよ。

しっかり育てて手乗りになってもらおう!

セキセイインコを飼うなら、ぜひとも手乗りになって欲しいです。

飼い主に懐いてくているのが目に見えてわかるし、手の上でピヨピヨ鳴いてくれたらもうたまらなく可愛いです笑

我が家で飼っているニコちゃんも、よく手乗りしてくれます。

最近は肩に乗ってウンチをするのが好きみたいですが…

最後まで読んでいただきありがとうございました!