ベースの初心者はどのくらいの値段のベースを買えばいいのか?迷ったらまずはコレを買おう!

2019-04-17




新しくベースを始めるのに、いくらぐらいの値段のベースを買えばいいのでしょうか?

楽器は同じ見た目をしていても、値段が恐ろしく高いものもあれば、びっくりするくらい安いものまで様々ですよね。

初心者からしたら、一体どの値段を買えば良いかわからなくなってしまいますよね。

僕も中学生の時にベースを買ったんですが、すごく迷いました。

ですが、結論から言うと、最初に安いベースを買っても全く問題ないです。

今回は、「ベースの初心者はどのくらいの値段のベースを買えばいいの?」を書いていきたいと思います。




ベースを新しく始めたい!まずは、ベース本体を買おう!

ベースを新しく始めたい!まずは、ベース本体を買おう!

「ベースを始めたい!」と思うには、いろんなきっかけがあると思います。

・憧れのベーシストがいて、その人のようになりたい
・友人とバンドを始めるので、ベースがやりたい
・モテたい
・同級生のギタリストに説得され、半分騙されてベースを始めることになった。

その騙された人は僕なんですが、ベースを始めるにはまずはベース本体がないと練習できませんよね。

なので初心者はまずベース本体を買うわけなんですが、楽器店はもちろんネット上で検索してみても、いろんな値段のベースがあります。

高いものだと一本4~50万以上するベースもあれば、中古で3000円しないで買えるベースもあります。

全く知識がない初心者からしたら、どれを買ったら良いかわからないですよね。

では一体、どのくらいの価格帯のベースを買うのがよいのでしょうか?

初めてベースを買うのににおすすめの価格帯は?

初めてのベースにおすすめの価格帯は?

では、初めてベースを買うのに、一体いくらぐらいのベースがおすすめなのでしょうか?

 

最初は、安いベースからスタートしてみれば良いのかなと思います。

 

僕も最初は、2万円程度の初心者セットから始めました。たしか、正月のお年玉で買った記憶があります。確かこんな様なセットでした。

ベース SELDER PB-30/JB-30 ベースリミテッドセットプラス【予約カラーは4月下旬頃入荷予定】【初心者入門セット PB30 JB30】【大型】

このセットと同じサクラ楽器で、当時僕も初心者セットを買いました。

以前は簡単な詳細しか書いてありませんでしたが、今ではちゃんと解説が書かれていたり比較動画まで紹介してくれてます。

このセットは、ベースを始めるのに必要なものがだいたい揃ってますし、なにより金額が良いですね!

もちろん見た目も、(よほど細かいことを言わなければ)高額なベースとほぼ変わりありません。

とりあえずベース始めるには最高のセットですね!

楽器をネットで買うのに抵抗がある方向けに、過去にまとめた記事がありますので、そちらを参考にしてみてください。

 

最初は安いベースでも全然OK。むしろそのほうが良い場合が多い。

「最初から高いベースを買ったほうが、長く使えてずっと大事にする」

楽器屋の店員さんが、よくセールストークで使われているかと思います。

間違いではないと思いますが、僕はあまり賛成できません。

 

最初から高いベースを買ったほうが大事にするかもしれないけど、その分メンテナンスにも気を使わなくてはいけない

 

エレキベースやエレキギターは、チェロやバイオリンなんかとは違い、多少扱いが雑でも大丈夫だったりします。

…が、それでもしっかりとメンテナンスしておかないと、取り返しの付かない状態になってしまう場合があります。

そうならないように気を使うことを、初心者のうちからやるのは非常に面倒だし、大変です。

そこに気を使って疲れるよりは、練習に集中してバンドで楽しく演奏できたほうがよいと思うからです。

 

とりあえず、実際にベースを買ってみて触ってみることが一番重要かと思います。

 

そのほうが、ベースとはどんな楽器か?が、自分なりにわかってくるかと思います。

何事も、とりあえずスタートしてみるのが一番ですね。




ベースを弾くのが好きになったら、ベースのことが色々わかってくる

ベースを弾くのが好きになったら、ベースのことが色々わかってくる

ベースをある程度練習したり、バンドで合わせたりしていると、「ベースとはどんな楽器か?」が、だんだんわかってくるかと思います。

・ベースにも、本体の大きさや重さ、ネックの太さや形が全然違うものがある。
・好きな弾き方があったり、自分にとって弾きやすいポジションがある。

・ギターと同じような部分もあれば、違う部分もある(使いまわしができるアイテムがある)
・ベースの音にも、本体の種類によっていろいろ違いがある。

などですね。

知識がついたら、次は好みのベースを探そう!

知識がついたら、次は好みのベースを探そう!

ベースを練習し続けていると、だんだんベースのことがわかってきて、今のベースに満足できなくなってくるかもしれません。

 

そうなったら、次のベースを買うことを考えましょう。

 

あとは自分の好みのベースを探すだけです。

不満な部分や、好みの音、お気に入りの形など、自分が満足できそうなベースを探すだけです。

欲しいベースを探している時間が、全くの初心者の頃よりも、ものすごく楽しい時間になっているかとおもいます。

その頃にはもう初心者ではなくなっているかもしれませんが、その際は次の記事も参考にしてみてください。

まとめ

安いベースから始めるのは全然あり

いかがでしたか?

ベースを初めて買うなら、やっぱり高いほうが良いのか?と思うかもしれませんが、僕は安いベースを最初に買っても全然アリだと思ってます。

試しに安いベースの買ってみて、ベースのことを色々知ってから、次にしっかりとした値段のベースを買っても良いかなと思ってます。

実際に練習してみないと、自分に合うかどうかなんてわかりません。

実はギターやドラムのほうが好きな可能性だってあります。

何事にも始めてみないとわからない…ということですね。

これを読んで、少しでもあなたのベースライフが素敵なものになるよう願っております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

人気記事周りと差をつけたい!上達したいベーシストが買うべきおすすめの教則本はコレだ!

人気記事ベースでおすすめのシールドはコレだ!最低限チェックすべきシールドを厳選して紹介します!