【出会い】バイトで数回しか会ったことない髪の赤い女の子が僕の妻になった話【結婚】

2019-03-26




こんにちは。あっちん(@acchin1208)です。

今回は僕とちゃんみおの出会いのお話を書いていきたいと思います。

最初の出会いは、ごくごく普通の出会い方をしました。

しかしその後の展開は、偶然に偶然が重なって見事に付き合うことになります。

思い返せば不思議な流れだったなとつくづく思います。

それでは、『バイトで数回しか会ったことない髪の赤い女の子が僕の妻になった話』いってみましょう!




出会いきっかけは、一瞬だけはアルバイトで働いていたお弁当屋さんでの出会い

期間としては半年も満たない短い期間ですが、某お弁当屋さんでアルバイトとして入ったのがきっかけで出会いました。

きっかけはお弁当屋

所属していた店舗は違ったのですが、入ってすぐにちゃんみおが働いていた店舗(めちゃくちゃ忙しいお店)に研修として行かされたのです。

その時は仕事を覚えるのに必死だったし、忙しくて人も結構多くて誰が誰だかなんて覚えていられない状況でした。

ただ、ちゃんみおは僕のことを覚えていたみたいですが…笑

なんでも、帽子から髪の毛がめっちゃでてたらしいです。不衛生極まりない!w

1週間ほど研修した後は、自分が最初に応募した店舗に戻りました。

そして仕事も慣れてきた頃にちゃんみおがたまたまヘルプとしてやってきたのです。

帽子を脱いだら髪が赤い…!?こいつ、バンドマンか!?

元々は住んでいた最寄の駅が同じだったのです。

ちゃんみおが通っていた大学も近くだったのですが、知り合いに遭遇したくなかったために、わざわざ遠い店舗に出勤してたそうです。

そして慣れてきた頃に、たまにですが僕の働いていた店舗に、ちゃんみおがヘルプとして来ることがありました。

お弁当屋なので、当然マスクに帽子着用なのは当たり前でした。

ですが、休憩室では帽子もマスクもはずします。

たまたまヘルプできていたちゃんみおが、休憩中にいざ帽子をぬぐと…

画像出典:hide official web site|profile

髪が…赤い!?

その時は、髪の毛の3分の1くらい赤かったと思います。

ちゃんみおは当時からXジャパンのhideちゃんが好きだったそうです。

(こんな特殊な髪の毛の色をした子はきっとバンドマンに違いない…!)

そう思った僕は勇気をだして聞いてみることにしました。

Left Caption

あっちん

もしかして…バンドとか…やってる?

 

Right Caption

当時のちゃんみお

してないですよ~

してないんか~い

もしバンドマンだったらめちゃくちゃしゃべるネタがあったのですが、残念ながらそうはいかず…(笑)

実際、その時はその会話以外はほとんどしゃべらなかったような気がします。

そしてしばらくした後、そのまま会うこともなく僕はそのアルバイトをやめてしまうのです。

その後、その店舗に勤めていた大学生主催の小さな飲み会が開催され、そこで再会する

小さな飲み会に誘われる

当時働いていたお弁当屋の店員は、基本的に大学生が多かったです。

当時の僕も、大学生とほぼ同じ年齢でした。

そのおかげで、割と仲良くしてくれる人(男女問わず)が何人かいました。

そのアルバイトをやめて数ヶ月した後に、当時そのお店で一緒に働いていたとある女子大生Sさんから飲み会の誘いがありました。

当時はかなり暇を持て余していたので、普段飲み会とかあまり好きではないのですが、行くことにしました。

Right Caption

Sさん

○○さん(ちゃんみお)もくるよ~
Left Caption

あっちん

わかりました~(誰だっけ…あ~髪の赤い子か)

飲み会にいくと、知っている顔ぶれの中にちゃんみおがいました。

飲み会の帰りになぜかUFOの話になり、なぜか今度一緒に海に行くことに

飲み会中は僕もちゃんみおも基本聞き手になっており(というか強烈にしゃべるSさんともう一人女子がいたのでしゃべる間がほぼなかったw)あまり話せませんでしたが、帰りに少しだけ話すことができました。

酔っていたのか、気分が乗っていたのかわかりません。

が、なぜかその時ハマっていたUFOの話をなぜかちゃんみおにしてしまうのです…

Left Caption

あっちん

UFOってホントにいるらしいよ!
Right Caption

当時のちゃんみお

え…!!??

UFOって本当にいるらしいよ

9割9分黒歴史ですよコレ。

ナンパのセリフが「UFOって本当にいるってよ」って話しだす奴がいたら「知るか!」ってなるのが普通です。

どんだけ危ない人ですか。

ガチコミュ症の僕が頑張って話題をふった結果がこれですよ。

ひどいもんです。

だけど、そんな話でもちゃんみおは笑って話を聞いてくれました。

そして半分冗談だったらしいのですが、海に連れて行って欲しいといわれたので、僕の休日の日に二人でいくことにしました。

会うまでの間もずっとメールしつづけ、最終的には付き合うことになりました。

メールをしつづけました。

その飲み会のあと、メアドを交換してその日は別れました。

海に行く日まで間があったのですが、その間もいろんなことをメールで話しました。

生い立ちだったり、好きなアーティストやバンドが結構一緒だったりして、ものすごく話が盛り上がりました。

一通一通がかなりの文字数とメールの件数だったと思います。

当時のちゃんみおはスマホにするのを嫌がっていたので、ラインやスカイプなんかではなくすべてメールでやり取りをしていました。

懐かしいですね。わざわざ受信ボタンを押さないとメールが来ないんです。

何度も受信ボタンを押していた気がします。

海にいった後もよく遊ぶようになり、最終的には付き合うようになりました。

そして、5年間付き合った後に、結婚して妻になってくれました。

決め手はUFO話?勇気をだして行動した結果、結婚することができました。

結婚することができました

男女の出会いにはいろんな形があるとおもいます。

僕の場合は、短期間しか働かなかったアルバイトで、たまたま出会った髪の赤い女の子が、たまたま飲み会で一緒になってそこから付き合いだした…

という、すべて偶然が重なって出会えたのです。

あの時、別の仕事を選んでいたら…
そのまま仕事を続けていたら…
あの飲み会に参加しなかったら…
UFOの話をしn(省略

何一つ欠けても今の結果にはならなかったでしょうね。不思議です。

将来結婚できる相手とは、いつ、どこで出会えるかわかりません。

ふと思い立った行動の先にもしかしたら出会えるかもしれません。

当時は探していたわけではないですが、誰でもそういった出会いは起こりうると思います。

そう思うと、将来のためにも一つ一つの出会いを大切にしたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!




恋愛

Posted by あっちん